どうでもいいこと

駅の階段が鍵盤になった!

これはすばらしいアイデアだと思いました!


ストックホルムの地下鉄の駅で、みんなエスカレーターばっかり使って階段を使う人が少ないから、どうにかならないかと考えた結果、階段が楽しければいいんじゃないってことで、一夜にして階段を鍵盤にしたところエスカレーターを使う人が通常の66%増しになりましたっていう映像です。


音の力ってすごいですね。楽しくなりますもんねたしかに。まさに映像中に出てくる、「Fun can obviously change behaviour for the better.」って感じ。

われわれYeah! Yeah! Crew も音を扱った活動をしています(たまにですが^^;)から、このような音を利用したおもしろいアイデアで地域を楽しくできたらさらに自分達が楽しめそうでいいですね。








ところで、これみて思ったのですが、昔アメリカのワシントンDCを訪れたときに、メトロ(地下鉄)の階段の長さに驚かされました。もうハンパじゃないくらい長いんです、つまりホームがものすごく深いところにあるんです。


あまりにも長いエスカレーターだったので写真撮ったのですが、フィルムで撮った分で実家のアルバムの中で眠っていて出すのがめんどくさいので、代替として下にflickrから拝借したDCのメトロのエスカレーターの写真を載せますがこれじゃちょっと深さがわからないな。。もうとにかく何分もエスカレーターに乗ってるくらい長いんです。


washi


やっぱアメリカの中枢だから、国会議事堂とホワイトハウス間の秘密のトンネルとか、他にもいろいろ重要なものが地面の中にあるから、それらに影響のないように地下鉄は普通の都市よりも超深いところにあるのかなーなんて当時は思いましたが、今でもなぜあんなに深いところにあるのか知りません。。。

で、深すぎるから階段は無理やろうってことでかどうかは知らないけど、基本階段ついてなくてエスカレーターのみが多いんですが、ここがさすが海外。よく故障して止まってるんですこの長いエスカレーターが。(もう昔の話なんで最近では改善されてるかもしれませんよ)

そんなときにこの鍵盤階段って良いのではって思いました。故障したら鍵盤になるとか。どうでしょうか。。






ソフトバンクが発表した通信制限についてモノモウス

昨日、ソフトバンクが発表した通信制限実施について。


発表によると、大量のパケット通信をするユーザーを対象に12月から速度制限を実施するということなのです。

たとえば iPhone などのPC用フルブラウザーを閲覧するユーザーの場合は、前々月の月間パケット数が1000万パケット(1パケット=128バイト)を超えたユーザーにこの制限が適用されるらしい。


今回の制限措置は、「一部のユーザーが大量に通信することで他のユーザーの通信速度が遅くなるなど悪影響が出ているため」という理由付けがなされています。



ふざけんなーー!



と声を大にして言いたいっす。



だいたい iPhone 買うやつなんて、外でバリバリネットできる環境が欲しいから買うわけで、大量にパケット通信するのあたりまえじゃないですか!

しかも月間1000万パケットって速攻いっちゃいますよそのくらい。絶対ひっかかる。ほとんどのiPhoneユーザーがひっかりますよ。もちろんあたくしも含めて。


「一部のユーザーが大量に通信する」って書いてありますが、全然大量でも何でもないですよ。普通に使っててもいくレベルですから。デザリングとかしてたら別と思いますけど。

だいたいiPhone 3GS が出てからやっと 3G時代にネックになってたブラウジングの遅さへのストレスがある程度緩和されたというのに、速度制限したら意味ないじゃないですか。

本家のAppleのサイトにも「これが、最も速く、最もパワフルなiPhone」って謳ってあるのに。


さらに悪いことに、いまの時点でどのくらい速度制限するのかが不明って。予想ですが、かなり制限される気がするんですよね。。。


ちょうど先週末とか、メールサーバーに接続できない障害が出てたりして不安定な感じでした。iPhoneがバカ売れしてるから相当なトラフィック量になってインフラがもってないような印象です。


てか、iPhoneバカ売れでお金入ってきてるはずだから、早くインフラ整備してほしいです。ホワイトプラン立ち上げたときもおんなじ感じでしたよねたしか。

この速度制限は一時的な措置ですぐになくなることを切に希望します。



ちなみにあまりにもこの発表にむかついたので、ソフトバンクの本家のサイトから抗議文を出そうと思ったら、「ご意見」を投稿できるページが見当たらず・・・

誰か見つけたらそのページ教えてください。






小倉に来てます

r0016903

どもyu-kiです。

いよいよ明日からシルバーウィークですねー。
と口にしてみたものの何かダサイですね、このネーミング…

えー、世間は5連休みたいですがワタクシはお仕事で小倉に来てます。
連休丸々お仕事です。ハハ。
笑うしかないですね(*^_^*)


さて、今日の仕事はなんとか終わったので早速夜の街にでも繰り出したいとこですが、金欠のためお決まりのラーメンだけすすってホテルに帰ってきました。


r0016901r0016897r0016900

本日の一杯は初心に帰って定番の「一蘭」でございます。
もちろんスープ普通、味こってりの、青ネギ、チャーシューのせ、辛さ普通のカタ麺で。
ここ十年変わらぬセレクト。
もはや用紙記入10秒もかからず。

もちろんチャルメラも響かせてきましたよ(^o^)

ワタクシここ小倉店の味結構好みです。いつ食べても安定してます。
一蘭の中でも正直微妙な店もありますもんね…
あえてここでは店名伏せときますが。



さて宿泊先のホテルですがチェックインして数時間しか経ってないのにこの散らかり様…


r0016904r0016906

最早自分の部屋みたいになってますが、ワタクシいつもこんな有り様です。

「なんかこの部屋落ち着かねー!」と思っても多少散らかってくるとだんだん馴染んできます。
なので朝とか酷いもんです。ベッド・メイキングの人すんませんです。


ちなみにワタクシがホテルを決める際に一番のプライオリティを持つのがトイレです。

そうウォシュレットの有無です。
コレが付いてないと話になりません。

元来OPP(お腹ピーピー)人間であるワタクシ、最早ウォシュレットが恋人と言っても差し支えありません。

いくら宿泊代が安くてもウォシュレットが付いてないと即アウトです。

怒鳴り散らかします。

「こっちはOPPなんだぞ(怒)」と。

もちろんこのホテルは装備してます。
付いてると分かっていても電話で確認しましたから!


r0016907

さて、このホテルは何度か泊まったことあるのですが年々ビルドアップしてます。
まあ徐々にですが…
ちなみに前回泊まった時に比べビルドアップしたとこといえばTVですかね。


r0016911

地デジ対応、東芝「REGZA」になってました!

しかもなぜかここのTV、ペイ・チャンネルが無料で見放題。
男性諸君には堪りませんね(^-^)

とはいってもワタクシもう若くありませんし、モザイク有りの作品には全くなびかないのでVシネ感覚でダラ見してます。

血気盛んな若者は小倉に泊まる際は是非。
密かにお教えしますんで(笑)


では、みなさんワタクシの分も良い休日を(^O^)/


村上春樹「1Q84」第三部が来夏出版予定っぽい。

朝からYu-kiより表題の件で緊急メール。

今朝の毎日新聞社の単独インタビューにおいて、村上春樹氏が「1Q84」の第三部を執筆中であることを明らかにしました。



やはり出ますか!しかし来夏とは待ち遠しいぞ。来夏になったら1部と2部の内容かなり忘れてしまってますよたぶん。

(以下少しネタバレあるので読んでない人は読まないほうがいいかも。でもそんなにネタバレってほどネタバレしてないけどね。)




物語の中で、17歳の少女「ふかえり」が書いた小説「空気さなぎ」の書評として、以下のような一節があります。

————-
「物語としてはとてもおもしろくできているし、最後までぐいぐいと読者を牽引していくのだが、空気さなぎとは何か、リトル・ピープルとは何かということになると、我々は最後までミステリアスな疑問符のプールの中に取り残されたままになる。あるいはそれこそが著者の意図したことなのかもしれないが、そのような姿勢を〈作者の怠慢〉と受け取る読者は決して少なくないはずだ。この処女作についてはとりあえずよしとしても、著者がこの先も長く小説家としての活動を続けていくつもりであれば、そのような思わせぶりな姿勢についての真摯な検討を、近い将来迫られることになるかもしれない」と一人の批評家は結んでいた。
————-


この書評に対して主人公の1人である天吾(空気さなぎを綺麗に書き直した人物でもある)は、


————-
それを読んで天吾は首をひねった。「物語としてはとてもおもしろくできているし、最後までぐいぐいと読者を牽引していく」ことに作家がもし成功しているとしたら、その作家を怠慢と呼ぶことは誰にもできないのではないか。
————-

と擁護しているところがあります。


BOOK1(第1部)とBOOK2(第2部)を読み終えても、「空気さなぎ」や「リトルピープル」については、説明付けられてそうでいて、でもやはりどこか小説中の書評と同じように疑問符が残りました。

村上春樹氏はこの書評とそれに対する天吾の擁護を「1Q84」自体への批評への擁護を自分でやっているのかと思いました。いわゆるコンピューター分野で言うところの、言語を記述するための言語であるメタ言語や、プログラムを生成するためのプログラムであるメタプログラミングならぬ、小説を書くことを書いた小説という言わばメタ小説的な技法を使って。(ちなみにうちのホームページもマークアップ言語であるHTMLを生成するために、PHPという言語を使っているというメタプログラミング技法で作ってるんですよ)



しかし、村上春樹ほどの小説家がわざわざそのようなことまでして自作を擁護するようなことがあるのかというのはとても疑問でした。しかも上巻、下巻ではなく第1部、第2部になっていますし、終わり方も続きがあってもおかしくないような終わり方。

さらに以前「1Q84」執筆中の村上春樹氏が毎日新聞のロングインタビューの中(リンク貼ろうと思ったら、もうリンク切れになってました。残念)で、自身の最長編である「ねじまき鳥クロニクル」を超える長編小説を書いていると語っていましたので続きがあるだろうと推測していました。読者の中にも「BOOK1とBOOK2で完結派」の人もいれば、わたしと同じように「続きがある派」ももちろんたくさんいました。




そして、この来夏第3部出版の発表!




でも上記毎日新聞の単独インタビューを読んであれ?っと思ったのは、当初はBOOK1とBOOK2で完結したと考えていたと語っていたところ。わたしはすでに第3部も用意されているとばかり思っていましたから。

BOOK1とBOOK2を出した後に、村上氏自身が続きを書いてみたいと思ったというのはちょっと意外でした。


以前雑誌かエッセイか何で読んだか忘れましたが、村上氏は小説を書くときにゴールを設定しないと言っていました。ただ「ゴールは設定していないが、その物語は必ずいい着地点に着地するという確信はある」という感じのことが書かれてあった記憶があります。

現在「1Q84」BOOK3を執筆中であるというならば、おそらくまだ村上氏自身の中にも、青豆や天吾や空気さなぎやリトルピープルが最終的にどうなるかゴールが見えていないのかもしれません。ただ続きを書き始めたとすれば、それは最後にきちんと着地する、あらゆる疑問へのアンサーを示すことができるという確信と、さらにはインタビュー中でも語っている物語の持つ「善き力」をもって読者の心を揺さぶる作品が醸成されることへの確信も持てたからなのではないかと思います。


BOOK3が出版される予定の来夏が待ち遠しいですが、「1Q84」のBOOK2を読み終わったときの「あー、楽しみを一つ楽しみ終えて寂しい」という気持ちからまた「待ち遠しい」という気持ちになれるので嬉しいですね。


期待してます。