Ryuの記事

当ブログでの募金活動に賛同いただき、ありがとうございました。

こんばんは。Yeah Yeah Crew です。

東日本大震災で被災された方々のために私たちにできることはないかと考え、3月14日の記事で書きました通り、このブログにて寄付を募りました。

(詳しくはこちら → 日本語 in English


被災者支援の一つの選択肢として、まずは1ヶ月間という区切りで始めました。(実際にはあれからもう2ヶ月近く経ちました)

私たちの動きに賛同していただき、たくさんの方がJustgivingを通じてCIVIC FORCEという災害時緊急即応チームへと寄付をしていただきました。そしてその額も私たちの予想を大きく超えました。

賛同していただいたことにこの場を借りて深く感謝申し上げます。

(支援先として選んでいるCIVIC FORCEの被災地復興支援活動報告は、このページで毎日更新され続けていますので、寄付いただいた方はどのような形で使われているかご覧いただけます)




あの記事を書いた時はまだ震災直後で義援金活動もそれほど多くなかったですが、今ではこのブログでも数多く紹介してきた通り、ネット上でも実生活においても様々なところで義援金活動が行われ、それ以外にも日本はもとより世界各地からいろんな形で復興を支援する活動が行われています。


私たちも「自分たちができることから」ということで当初は1ヶ月間という区切りを付けて始めたわけですが、復興には長い長い年月がかかると思います。したがって今後も常にそのことを念頭に置いておく必要があると思います。

一つの区切りとして、この場を借りて私たちの活動への賛同にお礼を申し上げたいと思いますが、オンライン寄付プラットフォームであるJustGiving上の私たちのページ自体はしばらくそのままにしておきますので、引き続き被災地支援の選択肢の一つとしてCIVIC FORCEを選ばれる方はこちらから宜しくお願いします。


前述しました通り、被災地への支援のやり方も様々な方法がありますし、支援先も今では様々存在します。まずは自分の身近な人からという方も多いと思います。


義援金を送る方、物資を送る方、被災地で活動する方、被災地の分まで一生懸命経済活動をする方、復興のために歌を歌う方、少しでも現地の経済をよくするために被災地へ旅行する方、チャリティーイベントをする方、現地の親類・知人にお見舞いの電話をかける方、いろんなやり方があると思います。

みんな立場や考え方が違うわけですから、他人のやり方について違和感を覚える方もいるでしょうし、自分のやっている活動に他人から批判的な意見を言われる方もいると思います。

しかし各人が信じるやり方で今後も自分たちのできることを長期にわたってやっていくということが大事なのではないかと思います。

私たちも引き続き自分たちにできることをできる範囲でやっていきたいと思います。

ご賛同いただいたみなさま本当にありがとうございました。

Yeah Yeah Crew 一同


—-

Justgiving






僕らもできることから始めてみることにしました

こんばんは。佐賀県有田町の32歳の同級生でたまに音楽イベントとかしてるYYCと言います。このブログは全ての記事を一人で書いているわけではなくて、メンバーみんなで書いています。(いつもブログご覧になってる方はもちろん知ってると思いますが)

さて、みなさんご存知の通り3月11日に東日本で起きた大地震で多くの方々が助けを必要としている状態です。

九州の田舎に住む名もない30代の僕らも、何かしら被災された方のためにできないかと考え、Justgiving Japan というオンライン寄付プラットフォームを使って寄付を募ってみることにしました。

これです。↓

http://justgiving.jp/c/2786


—2011/03/14 13:35追記 start —

どうもサーバー側が処理が追いつかないようで、寄付後の寄付金額の反映/チャレンジの作成・更新に時間が掛かる場合があるようです。なので寄付してもその額が反映されるまで暫くかかるかもしれません。
これについては私がJustgivingに直接問い合わせしております。問い合わせした内容はこの記事のコメント欄にて公開しています。
それと、当初ここにリアルタイムで募金状況わかるバナーリンクも貼ってましたが、同じ理由で募金額数の表示遅延が発生していたので一時的に外してます。
宜しくお願いします。
—2011/03/14 13:35追記 end —


—2011/03/17 08:50追記 start —
当初ここにバナーを付けていましたが、環境によって表示上更新されていないように見える場合がありましたので誤解を招かないよう上記リンクのみにしております。
—2011/03/14 08:50追記 start —


これは、例えば我々YYCが何かにチャレンジすることで、支援したい団体(団体はいろいろ選べますが、今回は被災者救援を行っているCIVIC FORCEという団体に決めました。詳しくは上のリンク先をご覧下さい) のために寄付を集めるというものです。私たちのチャレンジ(というか約束みたいなもの)に賛同していただければ寄付をしていただければ幸いです。


私たちYYCのチャレンジは「このブログを今日から1ヶ月間、できるだけたくさん更新する」にしようと思います。


ブログを始めて2年ちょっとになりますが、地元の人や友人知人をはじめ、毎日訪問してくれる人も少しずつ増えてきました。しかし最近はメンバーみんな多忙で更新を結構怠ることが多く、いつも見てくれている人からは「最近更新が減ってきたね」と言われたりします。

それでこのチャレンジにすることにしました。

ブログは好きで書いているのですが、もちろん書くのに私たちも時間をとります。基本的に好き勝手書いてはいますが、できれば読んでくれる人が楽しんでくれたり、おもしろかったとかためになったとか、ほのぼのしたとか思ってくれたらいいなという思いでいつも書いています。

なので、特にいつもこのブログを読んでくれている方、今後もなるべくがんばって更新していこうと思ってますので、このチャレンジに賛同して下記リンクから寄付していただければ嬉しいです。

また一見さんも、こんな九州の田舎の人もいろいろやってるんだーと思って賛同された方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

別に、ここで寄付してもらってもその辺のコンビ二の募金箱にでも構わないので被災者のために寄付してもらえればそれで結構です。12日に書いた募金先一覧の記事を参考にそこからでもいいです。

うちのブログの記事を読んでおもしろかったとか、ためになったとか、あるいは、あいつらも何かやってるからオレも何かするかなんて思ってくれたのなら、被災者向けの募金は至る所にありますから、自分の好きなところで募金してください。

うちのブログのリピーターさんはおそらく僕らの友人知人か、そのまた友人知人くらいが一番多いと思います。なのではっきり言ってそんなに大きな影響があるわけでもないから、集まる募金の額もそれほど多くないだろうというのはわかっています。

でも普通の田舎に住む一般人の僕らがこのようなことをやることで、募金として少しでも直接的に被災者のためになったり、あるいは間接的にもプラスの力を作り出すことができればそれは意義があると思っています。

このやり方が正しいのかどうかわからないし、偽善と言う人もいるかもですがやってみることにしました。


日本が大変な事態のこんな時に、いつもみたいに楽しい話題とかバカバカしいネタとか、音楽や映画やIT関係やアートの話題を書くと思います。また、いつものようにUSTREAMでDJの映像配信もするかもしれません。

「そんなことこんなときに不謹慎」と言う方もいるかもしれません。

でも読んだ人が募金してくれたらそれはそれでアリと思ってます。配信した映像見て「かっこいい音楽かけとるやん」って思ったらよければ楽しんだ分を募金してください。そしたらそれはそれでアリだと思うので。

それぞれ生活があるでしょうから無理な額はもちろんしないでください。僕ら自身もそれはできませんから。
100円でも200円でも買い物のおつりでもいいので。たまーに少額でも全然いいですから。

このブログ読んで募金したってのがわかれば、書いてるほうもモチベーション上がりますので僕らも嬉しいです。

被災地から遠い九州にいる私たちにできることと言えば、募金をしたりプラスの行動を示して被災者を励ましたり、献血したり、日々の仕事を通じて経済活動をしたりすることかなと思います。

できればいろんな支援をできればいいのでしょうが現実的にそうもいきません。実際募金ですら少額ずつしかできてないのが正直なところです。なので今までやってきたこのブログを利用することにしました。自分の時間とか微かな知識とかスキルとか、使えるものを使って。

一人一人の小さな行動が大きな力になると思うので、何でもいいので自分にできることからやろうと思います。

では、できるだけ多く更新していこうと思いますので、「あいつらもいろいろ活動してるから私も」と思われた方はぜひ自分にできることを。



Happy harishi Wedding! ~披露宴@大正屋~

16ども、ご無沙汰しておりました。ryuでございます。
先日のyu-kiがアップした陶山神社から2時間後の事です。
披露宴は嬉野の大正屋にて。
ども、ご無沙汰しておりました。ryuでございます。

先日 yu-kiがアップした陶山神社から2時間後の事です。

披露宴は嬉野の大正屋にて

披露宴の様子はこんな感じ

1

2

3

4

5

6

14789101213141516

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

60

61

62

63

64

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

でした。

あとmarお願いします。


13回目のファンタジー

どうもryuです。
とうとう今日発売になりましたねぇFINAL FANTASY XIII
ドラゴンクエストIX がつまらなかったので、FFXIIIにちょ~期待してたんで、さっそく買っちゃいました。
1
買ったはいいけど、鬼嫁にコントローラを奪われ全然できません・・・。
2
鬼嫁がやってる後ろからこっそり見ましたが、やっぱり映像は超綺麗です!やばいです!さすがFF!すごいぞPS3!
3
肝心のゲームの内容は、おいはやってないんでよくわからないですが、鬼嫁が言うには戦闘で動かせるのが一人だけで後のやつらは勝手に動くと文句を言っております・・・それは設定でどうにかできるんじゃないか?っと思いましたが、あとが怖いんで黙って見守りました。
これから眠れない夜が続きそうです。





apple狩り

どうもryuです。

この前、yu-kiが炎の博覧会2009というブログを書いてましたが、炎博でのフォトセッション後、格闘技キチガイのyu-ki & taQmaが私の家にK-1をみたいとおしかけてきて、夜遅くまで 飲めや、騒げの宴会が行われたんですけど・・・その模様はyu-kiがあとでアップするかしないかは、私の知るところではありませんが、その次の日にyu-kiが最近ありがたみがなくなってきたtaQmaを三瀬のりんご狩りにつれて行くというのでそのレポートを。

1
昼過ぎにyu-kiの愛車デュアリスで出発!
メンバーは私と、yu-ki、taQma、namiLとたまたま帰ってきてたナックル原田。
りんご狩りに行く前に、三瀬そばで腹ごしらえということで、「木漏れ陽」に

2
なぜこの店かというと、木漏れ陽がFNSドキュメンタリーで放送されたのを、たまたまtaQmaとナックル原田がみていたという事で行くことに。
しかし、二人とも場所はおろか、店名も覚えてなく、唯一taQmaが「やっさんと」いう店長の名前を覚えているだけ。
とりあえず「三瀬そば やっさん」というキーワードをiPhoneで検索・・・しかし、こんなキーワードではヒットせず・・・。
車中でtaQmaの番組説明を聞きながら、二人に他に覚えている事はないかと問いただすと、ナックル原田がフジTVで放送されていた事を思い出す。
「三瀬そば フジ」で検索すると・・・来ました!「一筆!さが便り:佐賀県の観光情報」というblogの中に「木漏れ陽」の店名が!

3
二人にこの店名で間違いないかと確認すると、たぶん間違いないとい事で、カーナビに「木漏れ陽」という名前をいれて、さぁ出発!っと行きたい所でしたが、木漏れ陽では場所が出てこず、電話番号いれてみても、登録されてなく・・・。住所を入れてみると、道がない所に表示されてしまったけど、まぁどうにかなるだろうと、とりあえず出発!

4
結果的には到着できたんですが、場所が非常にわかりにくく、まぎらわしい看板で道を間違えてyu-kiの愛車デュアリスが農道にはまりそうになりました・・・はまったらおもしろかったんですけどね(笑)

5 7
人気があるのか、多少待たされました。
待つ時間を使ってyu-kiと私以外はウンコ休憩をしてました。
ウンコ休憩後、注文選びを。

dsc027201
店内はどことなく味がある佇まいな建物でした。
dsc027681 8 9 10 11 12 13 14 151 16 17 18 19 20 21
木漏れ陽はそばの栽培から行なっている本格的なお蕎麦屋さんで、「そばの芽」を使ったオリジナル料理が名物のお店です。
味のほうは、あんまり覚えていません・・・おいしい!おいしい!と言いあいながら食べた事ぐらいしか記憶にありません。詳しく聞きたい人はyu-kiかtaQmaにでも聞いて下さい。

22
ガレット(ベーコン・きのこ・そばの芽)です。
クレープみたいな感じです。

23
そばの芽栽培キットが店内で販売してありtaQmaが購入。

241 25
たぶんそば畑

dsc02772
お腹もいっぱいになり、いよいよりんご狩りに行くことに。
しかし、お腹がいっぱいになった事で、もぉりんごなんか食えねぞ!っという意見が出始め、我が強いメンバーが揃ってるので、私はどうなるかなと車内で息をひそめ、見守っていると、車の窓の外に一つののぼりが・・・ブルーベリー。

27
この のぼりをみた、taQmaとnamiLは声をそろえ「ブルーベリー!」「ブルーベリー!」「ブルーベリー!」とわめきたて、運転していたyu-kiは何か言いたそうにしていましたが、くちびるを噛みしめブルーベリーの のぼり がある方にウィンカーを出しました。
正直 私はブルーベリーの少し前にあった栗狩りの方に行きたかったんですが、下手なことを言うと叩き潰されるので、「あっ、おいもブルーベリー行きたい」みたいな事を言ってその場をやり過ごしました・・・きっとナックル原田も栗狩りに行きたかったと思います。

28 29 30
まずは受付。

31 32 33
おばちゃんから説明を受け、おいしいブルーベリーの見分け方を伝授してもらいました。
341 35 36
思っていたものより、小粒なブルーベリー達。

37 38 39 40 41
なぜかtaQmaはすっぱいブルーベリーしか取れてませんでしねぇ。

39-2
すぐあきてタバコをふかす二人。

421 431
taQmaは真剣です

43-2 44 45 46
すっぱいブルーベリーしかとれないtaQmaはだんだん嫌気がさし、笑いに走りましたが、たいして笑いも起きず・・・。

47
自分で摘んだブルーベリーのお持ち帰りは、100gで500円ぐらい?でしたが、誰もお持ち帰りせず、予想以上につまらなかったブルーベリー狩りにビミョーな空気が流れてました。

48 49 50
あまりにブルーベリー狩りがつまらなかった為、やっぱりりんご狩りに行くことに

51 52 53 53-2 541
いっぱい取る気 マンマンのtaQmaです

55 56 57 58 59 601
いっぱいとれましたぁ

61
帰りの道中、「木漏れ陽」で買った芽栽培キットにおまけで付いてくる種がすごいじゃまで買ったのを、少し後悔していたtaQmaでしたが、寝たまま種をこぼさずに佐賀から有田まで帰ってきて、大事に持って帰ってきたのに、namiLにポンッとあげてしまうtaQmaはやっぱりすごいです。

62
数日でこんなに大きくなりました。もうそろそろ食べれそうです。