ライブレポート

「サヨコオトナラ」LIVEレポート – LITTLE TEMPO の TICOさんのスティールパンをまじまじと覗き込む





こんばんは。Marです。


先日mooksであった「サヨコオトナラ + YA MAN RIDDIM」のライブにYu-kiと行ってきました。


0100



かなり遅く到着したのですが、ちょうど会場もおしにおしててまだ始まっておらずラッキーでした。




「サヨコオトナラ」は、NewWaveバンド「ゼルダ」のボーカルのサヨコさんと、じゃがたらのOTOさん、そしてジャンベの奈良大介さんの3人で構成されています。


今回、OTOさんは山仕事?でおやすみということでしたが、スペシャルメンバー YA MAN RIDDIM として、なんとあのLITTLE TEMPO のスティールパンの土生”TICO”剛さん、そしてギターは秋広真一郎さんとベースに河内洋祐さんが参加というバンド編成。





1曲目はサヨコさんなしでインストからはじまりました。


そしてサヨコさんが登場。



0120 0130 0125






徐々に会場テンションがあがってきまして、途中からは子供から大人まで狂喜乱舞のお祭り状態。どんちゃん騒ぎ。






0140 0150





なんて言うかもう気持ちがいいんですよ。一体感を生み出せるってすごいです。


分かりやすく言うと、何千年も前の狩猟とかしていた○○時代とか、そんな大昔、日が暮れたあとに火を囲んでコミュニティーのみんながワイワイガヤガヤ音を出しながらお祭りしてるっていう感じです。


わたし運転しないといけなかったので、ノンアルコールオンリーで完全素面でしたが、酔っ払ってるばりにめちゃくちゃ盛り上がりました。


やっぱ気持ちよい空気感を作れるってすごいですね。音楽いいですよやっぱ(いつも同じこと言ってますが・・)。




途中ソロコーナーとかもありました。


こちらLITTLE TEMPOのTICOさん。ジョンレノンのImagineをスティールパンで演奏。




0160



そしてジャンベの奈良大介さんのソロパフォーマンスもありましたが、盛り上がってて撮影忘れてました。なので2008年11月に同じくmooksで奈良大介さんソロライブがあったときに撮った写真を代わりに載せておきます。


こんな感じです。客席をジャンベたたきながら練り歩きます。もうめちゃくちゃ盛り上がります。(あ、衣装はこのソロライブの時よりは今回は控えめでした)




0170 0180




というわけであっという間の1時間半。素晴らしい時間でした。




今回も全く申し合わせてもないのに、申し合わせたようにいつも重要なライブの時は会場で会うcoma2さんがいました。



0190

0200




ライブ後機材を片付けている間、LITTLE TEMPO のTICOさんがお客さんに囲まれてスティールパンを叩いていました。


0210



私たちの年代的にはスティールパンの音を聴く = LITTLE TEMPOを即連想 と言うくらいじゃないですかね。








私たちが高校卒業するくらいからですかね、UAの楽曲とかにLITTLE TEMPOが参加しだしたあたりで知るようになり、その後初めて買った彼らのアルバムが1999年に出た名盤「RON RIDDIM」



romriddim






あのアルバムに入っているスティールパンの音を奏でていたまさにその人が目の前にいるということで、ミーハー魂全開でスティールパンに食い入る私。





0220 0230



実はスティールパンを間近にみるの初めてでした。



で、初めて知りましたが、スティールパンってこういう感じで音の出る丸いエリアがいくつもあって、こっちの丸はCが出て、こっちの丸はFでみたいになっているようです。それを組み合わせながら音を奏でる。



steelpans
steelPan



TICOさんに「これどのくらいの音階が出せるんですか?」と聞いたところ、「これで2オクターブ半くらい出ますね」ということでした。


しかしこれを自在に操るTICOさんの演奏はほんとすごいの一言でしたよ。職人です。しかもTICOさん話したら超いい人でした。






というわけで素面なのにすっかりテンション上がってもうて、服とか帽子とか売ってあるコーナー行って、帽子試着しながら綺麗なお姉さんに「こっちのほうが似合いますよ」なんて言われたので即買いしました。。



0240





そしたらLASTのRYOJIくんがRYOJIくんしか似合わなさそうなもっと攻めた帽子を買ってました。



0250



とにかく気持ちの良いライブでした。mooksのみなさんありがとうございました。またいいライブ期待してます。






Justgiving

ご賛同いただいたみなさまありがとうございました。
—-





Bailemos 番外編」??

ども。

毎度お世話になっています私の番組「Bailemos」の

番外編的にトークを交えて

ぬるーーーーい番組を収録しましたので、

お暇な方はどうぞ・・・。

かなりぬるいですので、どうぞ根気よく観てやってください・・・。


Online TV Shows by Ustream


[レポート] MAMALAID RAG ママレイド・ラグ アコースティックライブ at 有田 赤絵町工房



こんにちは。Marです。


昨夜は有田でMAMALAID RAG(ママレイド・ラグ)のアコースティックライブがありました。


DSC00143



まさか有田にママラグが来るとは!


Twitterで情報が流れて来て、ほぼ同じタイミングでYu-kiからもメールがあり、すぐにTwitterで告知されていた主催者っぽい方にメッセージ送ってチケットをとりました。

名前をご存じない方もdocomoのCMとかで使われたこの曲は聴いたことあるのではないでしょうか。



MAMALAID RAG / きみの瞳の中に





こちらは最近のPV。


MAMALAID RAG / GO ON





会場は有田町のメインストリート?にある赤絵町工房。


DSC00163 DSC00144



プライベートライブみたいな贅沢な空間。都心のファンの方ならさぞうらやましがることでしょう。





19時になったのでライブスタート。もちろん張り切ってみんなで最前列に陣取りました。




アコースティックライブということで、ママラグこと田中鉱邦さん(当初は3人バンドでしたが、今はソロプロジェクトになってます)がアコギ or キーボードを弾きながらのアットホームなライブでした。


いやー、しかしすばらしいトラックの数々、声よすぎ。歌うますぎ。(もちろん演奏中の写真はないです)


家の近くでママラグのこんなライブが体験聴けるとはですね。感無量ですね。




実は田中さんは佐賀県小城市出身で佐賀北高卒業。歳はわれわれの1つ下です。


2002年にメジャーデビュー。ファーストアルバム「MAMALAID RAG」は各方面から絶賛されました。







しかし、2011年現在でもリリースしているフルアルバムはわずか3枚。




セカンドアルバム制作時には、できあがったアルバムに対しどうしても納得がいかず何度もお蔵入りにしたという伝説があるほど音に対してはものすごくストイックな方なのであります。






そのこだわりのせいか(そうでないかは知りませんが)いろいろあって今はソロプロジェクトなのですが、リリースされたトラックの完成度の高さや、そういったアルバム制作時の逸話、フロントマンのストイックさと世に出されている作品の少なさ、そして(活動停止状態ではないという点は違えど)そのことがバンドに与えたことなど、多くの類似点があることから、雑誌「SNOOZER」編集長、タナソウこと田中宗一郎氏はママラグ田中さんのことを「日本のリー・メイヴァース」と評しているようです。(Yu-ki談)


うむ。。たしかに The La’s と共通点が多い。










ライブ中のMCで、ママラグ田中さんは「20代のときはいろいろ大変なことばかりでした。リンゴ・スターの言うように曲を作るということがとても苦痛でした。でも30代になってから何もかもが楽しく、ポールマッカートニーが言うように[曲を作るのは家事をするようなもの]というような感覚になってきました」と言われていました。


なので、もしかしたら今後アルバムリリースのペースが速くなるかもしれません。



現に去年4月にアルバム「SPRING MIST」が発表されたばかりなのに今年の夏にはニューアルバムをリリースすると公言されています。今までのペースでいくととても速い。







楽しみにしておきましょう。ちなみに来月、2011年3月23日にニューシングル「君がいるから」がiTunes配信限定でリリースが決定しております。詳細はこちら




MCでママラグ田中さんが読書の話をしてて「ドストエフスキーとか好きで読みます」と言っていましたが、P助は「ドストエフスキーって誰?」と言っていました。


Yu-kiが「どこの国の人と思う?名前でだいたいわかるやろ」と聞いたら、「ドイツ?」と答えていました。


ポドルスキーと間違っているようです。



ドストエフスキー

Dostoevsky_1872


ポドルスキー

podolski10





シドニー・シェルダンもシェイクスピアも鳥山明も遊人も知ってるくせに、ドストエフスキーを知らないP助


DSC00145



P助の「ドストエフスキーって誰」発言があまりにもおもしろすぎて、その時のMC、あとはほとんど覚えていません。。。




デビュー時からのママラグファンのRyuちゃん。そして嫁のnamiL。


DSC00146


昨夜のライブで個人的に特に良かった曲をいくつか。


MAMALAID RAG / 夜汽車





MAMALAID RAG / My Love

YouTubeにはなかったですが、ここから試聴できます。(ちなみにFlashPlayerがないと聴けません)




そんなこんながあってライブ一旦終了。


アンコール1回あって、もう終わりっぽい感じだったから席を立って帰る人もいたんですが、会場の電気がついてなかったし「ここ我らホーム有田町やけん、地元のノリでもう一回コールしたらもう一曲くらいやってくれんかな?」って言ってわれわれから2度目のアンコールを始めたら、しばらくしたら戻って来てくれました。


で、2回目のアンコールで代表曲「春雨道中」。


きました!やってよかったアンコール!しなかったらこれ聴けないところでしたよ。

YouTubeなかったですが、こちらから試聴できます。

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/AI/MamalaidRag/AICL-1368/



というわけで完全にライブ終了。とてもいいライブでした。


DSC00147 DSC00148



ステージ。Yu-kiが持ってきたMAMALAID RAG のアルバムたちとともに。


DSC00150




地元ということで調子にのって、さっきまで田中さんが歌っていたステージにあがって普通に記念撮影。


DSC00149



Ryuちゃんはさらに調子にのって、田中さんがピアノトラックのときに弾いていたキーボードの前に座って、「MAMALAID RAG」ならぬ、「MAMARYUD RAG」。怒られないか冷や冷やしたので写真もブレブレ・・・


DSC00151

調子に乗り過ぎ。




ステージには今日のライブで歌われた未発表の新曲の歌詞の書かれた紙などもまだ置いたままになっていました。(もちろん写真はなしです)



出口の物販の横でママラグ田中さんがCDを購入したお客さんにサインしていました。


DSC00161


こと音に関しては辛口なYu-kiも、MAMALAID RAG に関してはデビューアルバムから買い続けており、そのセカンドにしっかりサインしてもらってました。「Yu-kiさんへ」と添えられたサインの後ろに写っているのがママラグ田中さん。


DSC00159


全く申し合わせてもないのに、申し合わせたようにいつも重要なライブの時は会場で会うcoma2さん。


DSC00153


(あ、久々にcoma2さんたちイベント「FUNK UP」やるそうです。2011年03月26日(土)。詳細はわかったら載せます。みなさん遊びにいきましょう)




最後にみんなで記念撮影して握手してもらいました。とてもいい人でした。ちなみに田中さん、もう何年のマクロビオティックをされているそうです。玄米菜食!

でも痩身なのはそのためではなく、わたしと一緒で単にそういう体質なだけらしい。


DSC00154


namiLは調子にのってツーショットで撮ってもらってました。(写真ソース持ってないので載せれず)



MAMALAID RAGさん(田中さん)、すばらしいライブをありがとうございます。次回はバレンタインの歌じゃなくて「有田町の歌」を作ってまた我が町まで来てください。

企画者の@benjarasupportさん、いろいろ大変でしたでしょうがおつかれさまでした。ありがとうございました!




[Marの記事feedburner]



ライブレポート 小沢健二・コンサートツアー 「ひふみよ@福岡サンパレス」






どもyu-kiです。
完全W杯モードの睡眠時間を削ったハードな生活をしてたら目に病が発症し自宅静養してます…
(仕事もしばらく出来ないっぽいしバーゲンにも行けませんでした。無念!)

七年間くらい病院にも行ってないくらい健康体だったのに何でW杯のタイミングで異常が出るかねー。
サッカー見にくくて仕方ないっす。
(まあ頑張って昨日も決勝トーナメント二試合観ましたけどね…)





そんななか、すでに目に違和感を感じていた先日、遂に13年ぶりのツアーの最終公演となる小沢健二のコンサート「ひふみよ@福岡サンパレス」に行ってきました!!



kenji_pic_rgb


以前にこのブログでも触れた通り、ワタクシ数年来彼の復活を待ちわびてましたので這ってでもこのツアーには行く!と宣言していましたが奇跡的に超プレミアチケットを手に入れることができ興奮と期待と少しの不安を抱えこの日を迎えました。



R0023141


しかも前日は日本サッカー史に残るこんな試合があったため、



R0023130


ほぼ徹夜。
完全にナチュラルハイ状態で福岡へ向かいました。


お供してくれるのは元渋谷系(現アキバ系)のMar。
(なぜか小沢の元相方のコーネリアスTシャツを着てきてかなりKYでした。小沢ファンに文句言われないか内心ヒヤヒヤしてました…)


R0023140


そしてこちらも元渋谷系(現新橋系)のharishi。
(奥ですでにワタクシ目押さえてますね。この時点では寝不足と感激のための涙と思ってました)


R0023139



福岡への道中ではもちろん小沢健二の名曲を熱唱します。



R0023131


運転そっちのけでクラップ・ハンズまでしちゃいます。



R0023133


通い慣れた「浜玉有料道路」がこの日ばかりは「痛快ウキウキ通り」に思えちゃうから、あら不思議。







そして、あっという間に「福岡サンパレス」に到着しました!


R0023147


ワタクシの「天気読み」は見事外れ、この日はあいにくの雨模様。

(開場前からワタクシ既に感涙。てか発病。)



R0023138












しかしワタクシと同じくこの日を待ちわびたであろう観客で既に会場はごった返してました。



R0023146


とりあえず開場してすぐ物販売り場へ走りましたがお目当ての本は全部売り切れ。



R0023149R0023154


「残念♪ 無念~♪」



結局Tシャツだけ購入し席に着きました。



R0023159


パッと見渡した感じでは客層は我々と同年代かちょっと上の人が中心て感じ。
(元オリーブ少女や渋谷系のみなさん、お互い歳取りましたねー)

でも若い人もチラホラ。
おそらくリアルタイムで小沢の音楽に触れてない世代もこのコンサートに来ていると思うと何やら感慨深くなります。



そして、いよいよ開演時間の19時に。

まだ客電も点いててSEも流れているのに会場異様な熱気。
手拍子が収まりません。




そして遂に客電が消え、割れんばかりの歓声のなかコンサートスタート。



暗闇のなか聴こえてきたのはあの「流れ星ビバップ」!!







もう会場パニック。
あちらこちらから絶叫とも悲鳴ともとれぬ歓声が。

ワタクシももちろん鳥肌&号泣です。



そして暗闇のままMCというか朗読。



続けざまに「ぼくらが旅に出る理由」







曲の途中でステージに明かりが点き、ついに小沢健二が目の前に!



making_hihumiyo




ここからはテンション上がり過ぎてまともなレポ出来そうにないんで曲名だけざっと書きます。




また朗読を挟んだ後、


「天使たちのシーン 」


「苺が染まる(新曲)」


「ローラースケート・パーク」

の間に

「東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディーブロー 」

を挟み、また

「ローラースケート・パーク」


「ラブリー」

でもなぜか「一時間後にやります」と言って歌詞の練習のみ。


詩の朗読。


「カローラⅡにのって 」


「痛快ウキウキ通り」


「天気読み」


「戦場のボーイズライフ 」


「強い気持ち強い愛」


「今夜はブギー・バック 」


ここでスチャダラパー登場!

まさに狂喜乱舞。Mar絶叫してました。







朗読を挟んで


「夢が夢なら 」


「麝香」


そして、新機軸の新曲「シッカショ節」


「さよならなんて云えないよ」


「ドアをノックするのは誰だ?」


「ある光」
(弾き語りで一瞬のみ)


「時間軸を曲げて(新曲)」


「ラブリー」


「流星ビバップ」


で、本編終了。





既にこの時点で感動し過ぎてお腹いっぱい。


でも鳴り止まぬ拍手とアンコール。



そしてアンコールでは、


「いちょう並木のセレナーデ」


「愛し愛されて生きるのさ」




そしてツアーファイナルということでメンバーとしばし談笑した後、もう一度「苺が染まる」を演ってくれました。





ほんと最高でした。他に言葉が見つからないくらい。


今後またツアーをやるのか、新曲の音源をリリースしてくれるのかは不明ですが彼がまた音楽を始めてくれたことだけでも今は感謝の気持ちでいっぱいです。



新曲の「時間軸を曲げて」の歌詞が全てを言い表しているかと。



「ありがとうという言葉で失われしものに誓うよ / 磯に波打つ潮よりも濃く我の心はともにあると」




相変わらず良い歌詞書きますね、小沢。



まあ気長に次のアクションを待つ事にします。

全然平気です。だって13年待ったんですもの…





Springfields FUKUOKA 速報 [たぶん随時更新します]

こんにちわ。Marです。

今日は、海の中道で、Springfields FUKUOKAの日ですよ。

あたくしはYu-kiと行ってきます。当日券あるっぽいのでお時間あれば現地で一緒に楽しみましょう。

今回はcircle’07@福岡のときと違って?(たしかあん時は写真撮ってOKだった記憶が。。)写真禁止らしいので、テキストベースで随時速報更新します(たぶん)。


日程:2010年5月22日(土)
会場:福岡・海の中道海浜公園デイキャンプ場
開場 / 開演:13:00 / 14:00(終演予定19:00)
チケット料金:¥6,800(全自由・入園料込)

13:00 開場~青葉市子(13:30頃~)
14:00 SAKEROCK
15:00 サニーデイ・サービス
16:00 細野晴臣
17:00 UA
18:00 向井秀徳アコースティック&エレクトリック


やばいです。雨でもへっちゃらですよこのメンバーなら。


では。


14:26更新










着きました。なんとかSAKE ROCKに間に合いました。


で、いきなり細野晴臣さん乱入でセッション中!


では。



14:38更新



ちょっと小雨なう。



16:02更新


サニーデイサービス、最高。雨だけど心はサニーデイっす!

MC一切無しのセクシーなステージでした。曽我部ソロにはない雰囲気。三人揃ってたらなおよかったんでしょう。でももうこの時点できてよかったです。早くもYu-ki的にベストアクトでました。








16:36更新


渋い細野さん!鈴木茂さんもいたり。




では。





16:58更新


いよいよ次はUAです。







20:50更新

終わりました。ずぶ濡れです。



UAかわいかった!バックバンドのレベルもハンパない。最初後ろの方で見てたけど、UAの歌声の素晴らしさに思わず前の方にいって見てしまいました。古いのから新しいのまで見事なステージ。



で、オオトリは、我々の今日の最大のお目当て。向井秀徳アコースティック&エレクトリック!


もう超絶のかっこよさ。役者です。同郷の誇りですよこの人は。ギター一本ですよ。


アンコールは我々の期待通り松任谷先輩の守ってあげたい。曽我部も一緒にやらないかと思いましたが、曽我部はさすがに出て来ませんでした。


で、今日は気持ちよかったのかThis is 向井秀徳。もう一曲やってくれました。


福岡の後輩の曲をやりますと言って歌い始めたのがなんと、YUIのチェリー。会場爆笑。でもレアさと面白さと向井のかっこよさに盛り上がりは最高潮。




やっぱThis is 向井秀徳ですよ。ほんと。


自問自答!



てなわけで、気持ちだけあったまって、体ハンパなく冷えてるんで、温泉はいって帰ります。


おつかれさまでした!


おわり。