スペインの事

実践躬行 Tour in SPAIN  完結編

さて、公私共に忙しいので、スペイン編完結させます。

いろいろエピソードはありますが、先に進まないと、ブログネタが溜まる一方なので・・・


文才も無いので、DJらしく思い出と音楽絡めて見ました。

後半、高相・・・もとい、高城氏の影響も若干あったり、過去に出た画像もありますが、デビッド・モラレスの名曲、Need’n youのIbiza mixと共にどうぞ。


総集編VTR、回転!






実践躬行 Tour in SPAIN  vol.6

どもども。

今日はクソ暑い中、有田町消防団・夏期訓練でございました。

朝5:00集合という凶行の後、ライバル団(?)のP-sukeと共に疑似火災を消し止め、炎博広場で行われた式典で、撮影に来ていたRyuにスッパ抜かれるという有意義な日でした。

P-suke、Ryuちゃん、お疲れっした。


さてさて、すっかり面倒臭くなってきたスペイン記事ですが・・・

イビサ3日目は、朝から中心街のイビサタウンに観光に行きました。

ここには500年前に建設された「 Dart Villa 」と呼ばれる高い城壁に囲まれた街がありまして、それはそれは素晴らしいビジュアルでございました。

かつて、海賊を撃退していた砲台や、目の前に広がる地中海、澄んだ深い青空に映える白壁の家々・・・



e794bbe5838f-088e794bbe5838f-272e794bbe5838f-273e794bbe5838f-083e794bbe5838f-283e794bbe5838f-296e794bbe5838f-285e794bbe5838f-293e794bbe5838f-080e794bbe5838f-292e794bbe5838f-304e794bbe5838f-303e794bbe5838f-086


夕方にはイビサタウンの対角線に位置するサン・アントニオに出向き、「Cafe del mar」や「Cafe mambo」が立ち並ぶセレブな海岸で極上サンセットを味わう事ができました。



e794bbe5838f-317e794bbe5838f-344e794bbe5838f-318e794bbe5838f-320e794bbe5838f-324e794bbe5838f-329e794bbe5838f-334e794bbe5838f-336e794bbe5838f-340e794bbe5838f-339e794bbe5838f-342e794bbe5838f-345

日没寸前まで、i-Podに詰めてきた「Summer Jam’95」や「ボサノバ父さん」、「瞬間と永遠」などでチルアウト・マイセルフ。

頃合いをみてヘッドホンを外し、Cafe del mar から聴こえてくる荘厳なチルアウト・ミュージック耳を傾ける。

ここのサンセットの真骨頂である、日没とシンクロさせるDJの職人芸。

音と同時に太陽が水平線に消えると、ビーチからは歓声と拍手が沸き起こりました。

解かりづらいですが、その2分間を収めたムービーがこちら。






日没後は途端にアップ・テンポなハウスに変わり、ビーチは賑わいを増すのでした。



もうちょっと続く・・・




実践躬行 Tour in SPAIN  vol.5

ども。

最近、集中力が途切れまして、更新がおろそかになっておりました。

vol.4の時点でまだ2日目でしたので、少し駆け足で進みたいと思います。


7月14日

昨晩、Cocoonを楽しんだ僕は、イビサで初めての朝を迎えた。

オーシャン・ビューではなかったが、このくらいのサンライズならバルコニーで楽しめる。(朝からビール)



e794bbe5838f-267e794bbe5838f-268

軽く食事をし、少し眠る。
昼ごろに起きて、街をブラブラする。



e794bbe5838f-236e794bbe5838f-234e794bbe5838f-233e794bbe5838f-231


しかし、バルセロナ然り、イビサ然り、街中に吸殻と犬の糞が多い!!
スペインは老若男女歩きながらプカプカしているが、平気でポイ捨てだ。街並みがキレイなだけに残念。

あと、お犬様。
結構犬の散歩してるヤツが多いけど、フンの始末をしねェ。
それを見事に踏んだ跡がアチコチある。

スペインでは、犬のフンを左足で踏んだら、ラッキーで、右足だったら、ちょっと残念・・・だそうだが、
僕はフンを踏むのは好きじゃない方なんで、かなり神経使って歩いてたね・・・。

犬で思い出したが、バルセロナの交差点でバカデカいドーベルマンみたいな犬を散歩させてる、いや、散歩させられてるご婦人がいた。

信号が変わり、渡ろうとしたドーベルマンちゃんは、すれ違った小さな子供に襲いかかった(汗)
危うく子供は無傷で母親に助けられたが、母親激怒。

そうこうしているうちに信号は点滅。スペインの信号は点滅から赤までが異常に早い。
いそいで渡ろうとした飼い主。
しかしそんな飼い主の焦りとは裏腹に、ドーベルマンちゃん、何を思ったか横断歩道ど真ん中で
モリモリとウ〇コしはじめた(笑)

信号は赤に。車道からはクラクションの嵐・・・。



本題に戻ろう。

ザラっと近所を回る。毎年イビサに来てるわけじゃないけど、たぶん今年はメチャメチャ観光客少ないのでは??

ホテルへ戻り、水着に着替える。
僕は海が嫌いだ(笑)
しかし、せっかくの地中海なんで、入るつもりで水着は用意していた。

ホテルから、道を挟んですぐビーチ。ここはイビサで最もメジャーなビーチとされる「 Playa d’En Bossa」というビーチだ。



e794bbe5838f-240e794bbe5838f-242e794bbe5838f-241e794bbe5838f-239e794bbe5838f-238e794bbe5838f-238

ビーチも吸殻だらけ。
トップレス率は高し。 しかしノーモア・トップレスなセニョリータももちろんいる訳で・・・。

シュノーケリングしようと思ってて水中写るんですも持ってきてたのに、そんなビーチじゃなかった。
思い出にチャプンと浸かってすぐさま出る。
端から歩いたつもりけど、ビーチパーティーには出会わなかったなー。

ビーチ遊びに飽きて、いいかげんまともなメシが食いたくなってきた。
タクシーを拾い「Can Salinas」へ向かう。

ここは高城剛氏監修の「Go! IBIZA」でも紹介されてたパエリアで有名なお店。
タクシーに乗ると、前をMICRA(MARCHのヨーロッパ仕様車)が走っていたので、タクシーの運ちゃんに「That’s Japanese car!!」と思わず話しかける。

「Are you Japanese? Nissan is good car!」と運ちゃん。
僕: 「Japanese name is MARCH!」
運: 「MARCH? MARCH is good car!」

その後も何やら話していたが、わからないのでとにかく相槌を打つ。

車の温度計を指差し「今日は38℃あるぜ!Very hot ! 」みたいな運ちゃん。
「サーティエイト?! ジャパン イズ トゥエンティーエイト グライヨ!」とテキトーな英語。

なんとなくだが会話も弾み、Can salinas到着。



e794bbe5838f-261e794bbe5838f-259

店に近づくとハスキーヴォイスのチャンネーが「Hola!」と迎えてくれた。

しかし難しい顔で「Uno?(1人か?)」とチャンネー。
「Si uno(うん、1人)」と答える。

オープンキッチンから見える調理中のパエリアを指し、「パエリアはこのデカいパエリアパンで作るんだよ?1人前はできないよ!」みたいな事言ってたんだろうなー。

「Can you speak English?」と言われ自信満々で手を交差し「No!」
参ったな顔のチャンネー。

「2人前からしかできんとわかるよ!わかるけど食べさして! Very hungry!」と僕。
スタッフが「どうした?」みたいにゾロゾロ出てきた。1人が小声で「japones?」と言ったので「Yes! japones!」と答えた。

「わざわざ日本から来たけん、食べさして!」と頼む。
みんなしてスペイン語であれこれ言ってくるので、「うーん、わからん!」と言ったら、チャンネーが巻き舌で「oh・・・ワカラン・・・」と空を仰いだ(笑)

手にしていた旅行用スペイン語辞典を拝借するチャンネー。伝えたい言葉は見つからなかったらしいが、
「すごくおいしい!」という単語を開き、パエリアを指差し「Riquisimo!」と言った。

みんなで笑ってたら、シェフの1人がタッパーのような物を持ってきてなにやら会議が始まった。

するとチャンネーから席へ案内された。やった!

メニューを見せてもらい、米のパエリアではなく、パスタで作るフィディウアのシーフードをチョイス。
「何か飲むか?」と聞かれたので「cerveza (ビール)!」と元気に注文。

ビールとTapa(あて)?が運ばれる。



e794bbe5838f-247

カラッとした暑さの中、テラスで呑むビールは美味いいいいいいい。オリーブも超美味し。



e794bbe5838f-249e794bbe5838f-250e794bbe5838f-248e794bbe5838f-251e794bbe5838f-252

数十分後、念願のフィディウアとご対面!!



e794bbe5838f-255

美味い!美味い!美味い!ビールもすすむ!

皿に分けて食ってたけど、他のテーブルで食べてた欧米人はパエリアパンから直接食べてた。なんだ、直接いいのか・・・。
ガツガツ食って、キッチンのチャンネーとスタッフに「Riquisimo!」と声をかけたら「やれやれ」みたいな感じで笑ってた。

しかし、さすがに3分の2ぐらいのところで限界に達してきた。
水をもらって一息ついてたら、「finished?」とチャンネーが来た。

「Lo siento(ごめんなさい)」と言うと皿を下げたチャンネー。しばらくすると、タッパーみたいなんに残りを詰めてきてくれた!
さっきのオッチャンがこうしろと言ってたんだろう。Gracias!オッチャン!

会計を済ませ、お礼を言ってたら、「Go! IBIZA」にも載ってた店長?らしき人も出てきてのでお礼を言い記念撮影。



e794bbe5838f-258

ありがとう、Can salinas。
イビサで一番思い出になりました。


ああ、結局また1日分で終わった・・・続く・・・




実践躬行 Tour in SPAIN  vol.4

7月13日 夕方

カタルーニャ広場の空港行きバスの停留所に近づき、念のため確認する。

僕: 「To airport?」

運転手: 「!#$%&@※☆!」

僕: 「は?は?」

運転手: 「航空会社はどこだ?」的な事を言ったと思う。

僕: 「Span air! Span air!」

運転手: 「OK!これでいいぜ!」的な事を言ったと思う。

5ユーロ払い、何とかバスに乗り込んだ。

さよならバルセロナ・・・。

再びバルセロナ空港着。万が一のトラブルに備えて、空港への移動は国内線であろうが、早め早めで行っていた。
空港での待ち時間には旅の日記を付けているので苦にはならなかった。



e794bbe5838f-201


だいぶ目立ってきた靴ずれ。足元はNIKE エア・リジュビネイト。足にフィットして、ほんと歩きやすいです。



e794bbe5838f-202


スパン・エアーのカウンターにてチェックイン。英語で何やら言ってるがさっぱり。

僕、英語 2 ですから(笑)

さあ、いよいよ最終目的地、イビサへのフライトです。

いやー狭い(笑)
しかも、CAが飴の入ったバスケットを持ち、前から順に「いる? いる?」的な配り方(笑)
よかんびゃー。

離陸から数十分。いよいよ楽園が姿を現した。



e794bbe5838f-206

何枚か写したが、窓が汚い・・・

そしていよいよイビサ着!
飛行機のケツからタラップで降り、バスでロビーまで移動し空港へ入る。

あれ?  意外と閑散・・・。

ひとまず外に出て、振り返る。

これこれ!



e794bbe5838f-210

あの本やネットで見てたあの場所にいま僕はいます!!

早速タクシーを拾い、ホテルへ。

噂には聞いてたイビサ名物、「高速タクシー」






この時は120km/hくらいでしたが、僕が乗ったイビサのタクシーの最高時速は140km/hオーバーでした。

若かろうがオッサンだらうが、ほとんどのタクシーでダンスミュージックが流れ、タクシー同士の抜きつ抜かれつカーチェイス。

ホテルへ到着。

レセプションの砕けたチャンネーにバウチャーを提示。

「your passport please?」と言われパスポートを見せると、「Oh! Japanese passport!」と感激してた。

チェックインが済み、「Thank you!」と部屋へ行こうとすると、「ARIGATO!」とチャンネー。

二人で笑った。

場所によってはオーシャンビューのホテルだが、残念ながら部屋は2階。



e794bbe5838f-2141e794bbe5838f-0731e794bbe5838f-211

とりあえず靴を脱ぎ、ベッドへダイブ!!!


e794bbe5838f-2151

荷物を整理し、収支をつけて早速今晩のパーティー「Cocoon」のチケットを探しに夜のイビサへ繰り出す。

治安はいいんだろうが、やはり知らない土地の夜の外出は怖い。

周りには「旅の恥はかきすて」な欧米人がゴロゴロ。

しばらく歩くと「ticket shop」なる看板を発見。掲示してあるボードでCocoonを探す。

45ユーロ。まあ、ネットで出てた値段と一緒やし、いいか、とジョージ・クルーニーを若くしたようなゴツ甘なにーちゃんに声をかける。

「I want today’s Cocoon ticket!」

45ユーロ払いチケットをゲットし、意気揚揚と店を後にする。

帰る途中、いきなり脇道から出てきたボードを持った白人に、「チケット買わないか?」と迫られる。

「さっきそこで買ったよ!」とジェスチャー。

帰りにスーパーに寄り、パンと水とビールを買って帰った。

そういえばスペインへ旅立つ前日、会社の朝礼で「給料 ンじゅっ%カット」の通知を受け、今回の旅程をかなり質素化せざるを得なかった。「ン%」ではない。「ンじゅっ%」だ。 パねえ。
行く予定だったパーティーも1本減らしたり、前日にかなり日程表いじったなあ・・・

さておき、24:00を回り、ソワソワし始めた僕はタクシーを呼んでもらい、Amnesiaへ向かった。




大きな地図で見る


e794bbe5838f-227e794bbe5838f-228tenyearscocoonibizacocoon_ibiza_2009_450

Amnesiaへ着くと入口に前売り、当日、ゲストの3列ができていた。

セキュリティのゴッツいにーちゃんにチケットを見せると「あの列に並べ!」と指示される。

その列で並んでいると、いっこうに進まないので別のゴッツいにーちゃんにチケットを見せると「あの列に並べ!」と指示される。
・・・んだよ・・・
するとすんなり入れた。

いよいよ潜入。
左右に分かれた入口を、まずは左へ進んだ。

うーん、いい音だ。四方八方から心地よい音圧が迎え入れてくれた。

超ボケてますが、セクシーなダンサーがお立ち台で優雅に踊ってはります。



e794bbe5838f-075

すごい人だ。かき分けかき分け、バーカンで水を買う。7ユーロ。バカ高。

さらにかき分け、フロア中央へ。

おおおーーー!!Ricardo Villalobosだ!!(わかりづらいが写真中央)   


e794bbe5838f-205

伝わらないと思うので、youtubeで見つけたこの日に近い映像をご覧下さい。






音、超かっこよかったです! しかも色男。

下向いて踊ってたら、プッシャーと思われるヤツにちょくちょく声をかけられる。

「No」とかわしてまた踊る・・・ウザい。

リカルドがここにいるってことはこっちはサブか。なんと豪華な。

しばらくリカルドを楽しみ、メインの方へ移動。 しっかし、よくこんな隣り合わせで音がケンカしないなー・・・

メイン・フロアではCocoon Recording総帥の Sven Vath がプレイしていた。



e794bbe5838f-222e794bbe5838f-225

こちらもわかりづらいので動画をどうぞ・・・






個人的には Sven Vath の音やフロアの演出は好きではなかった・・・。

どこかしら、ジュリ〇ナを彷彿とさせるんだなあ(笑) しばらく何も見えなくなるくらい大量のジェット・スモークは超気持ちよかった。



程無くして、またリカルドのフロアに戻り、5:00くらいに家路につきました。



続く・・・

















実践躬行 Tour in SPAIN  vol.3

7月12日 夜 

サグラダファミリアも無事に見ることができ、夜はパエリヤでも・・・と、街へ再び繰り出したところで左足に異変が。

つる。少し動かしただけでつってしまう。

運動不足で、歩きすぎたのだろう。足はカチカチになっていた。

とりあえずまだ初日。明日からの事を考え大事をとった。

シャワーで足をアイシング。落ち着く間もなく、明日のチェックアウトに備え荷物をまとめる。

スーパーで買ったパンと水とヨーグルトをかじりながら、明日の予定を整理する。



e794bbe5838f-1501

7月13日

チェックアウトをし、電子辞書+筆談で荷物を14:00まで預かってもらう。

足はどうにか大丈夫そうなので観光へ繰り出す。

しかし、予定していた「ピカソ美術館」、「ミロ美術館」は休館日だった・・・。失敗。

歩いての観光はさすがに厳しいので、バス停へ向かう。

ちょうどサグラダファミリアの前に「バス・ツリスティック」が停まっていた。

バス・ツリスティックとは、オープンになった二階建てバスで、バルセロナの観光名所を北ルート、南ルートに分かれくまなく回っている、大変便利なバスだ。

チケットは1日券が21ユーロ、2日券が25ユーロで、このバスの停留所なら何回でも乗り降り自由だ。

くそ・・・昨日、買っときゃよかった。

バスに乗り込み、1日券購入。もちろん、2階へ。

いやー、このバスで風受けながらバルセロナの街走るの、超気持ちいいっすよ!絶対おススメ!

ではその様子を少し動画でどうぞ・・・





パンフレットとイヤホンが付いてくるので、日本語ガイドガイドを聞きながらクルージング。



e794bbe5838f-159

アントニ・ガウディの作品群で世界遺産、「グエル公園」到着。

では、ダイジェストでどうぞ。



e794bbe5838f-160e794bbe5838f-034e794bbe5838f-035e794bbe5838f-057e794bbe5838f-041e794bbe5838f-052e794bbe5838f-161e794bbe5838f-170e794bbe5838f-061e794bbe5838f-171e794bbe5838f-165e794bbe5838f-040e794bbe5838f-169e794bbe5838f-182e794bbe5838f-172e794bbe5838f-173e794bbe5838f-175e794bbe5838f-044e794bbe5838f-042e794bbe5838f-174e794bbe5838f-043

いやー、変態だ。変態公園だ(笑)

なんちゅう感性でしょうね、このガウディって人は・・・

ポップで楽しい場所です。ぶっ飛んでます。

再びバスに乗り込み、「カンプ・ノウ スタジアム」へ。

サッカーには滅法疎い僕が何故ここで下車したか・・・

お土産買いです(笑)

結局どこがハッキリとカンプ・ノウなのかもわからず、写真も雑・・・(これ?)



e794bbe5838f-188e794bbe5838f-190

その後「カタルーニャ広場」へ。写真には写ってないが、すんげえ人ゴミ!!



e794bbe5838f-195e794bbe5838f-198


降りたはいいがバス待ち長蛇の列・・・。

とりあえずカタルーニャ音楽堂を目指すも見つからず、バス待ちの時間を考慮し引き返す。

やはりバスはかなり待った・・・。時間も迫ったのでひとまずホテルで荷物を受け取り、空港行きのバスが出ているカタルーニャ広場へ戻った・・・


2009/07/28 追記

バス・ツーリスティックの2日券の値段は「たぶん」です。

それと、「東ルート」だったか、もう1ルートあったと思います。




続く・・・