三十路道


こんにちは。

男は30にもなると、四六時中下ネタを考えるようになるものです。

今日は架空のAVを大喜利形式で3本お届けしたいと思います。


リリー・フランキーとかけまして、近親相姦と解きます。


「調教したわー」
僕はオカンと、ときどき寝とん


比較的ソフト目の近親相姦ですね。レディコミでも全然いけそうです。


次、ゲイ(しかも近親相姦)


「調教したわー」
僕はオトンと、ときどき寝とん


少し過激になりましたね。欧米では普通にありそうですが。


次、ハードゲイ(しかも近親相姦)


「調教したわー」
僕はほとんど、オトンと寝とん


リズミカルですね。
歌っちゃいたくなります。


以上、おとなのお遊戯会でした。


続・うちのオカン


最後は「口の中お茶漬け」でしめるのだ。



そんなこんななオカンですが、
毎日弁当作り御苦労様です…


うちのオカン


うちのオカンはペース配分が苦手です。

一番口論になるのは、冷蔵庫の貯蔵品の使い方。

先日の夕食、かなり腹を空かして帰宅したところ、何とも香ばしい香りを放ち食卓に鎮座する大量の鶏の唐揚げ2種 。
それは二人家族にはあまりに多すぎる量でした。

こういうのを「謝肉祭」と言うんでしょうか。

あまりの量の多さに
「兄ちゃん達の来らすと?」

母「いや…」

まあ、空腹もちょうどピークを迎え、ブラックペッパーというスパンコールを纏った羽の先に少年のようにかぶりつく私。

ここで安心できないのが我が家。

「明日の弁当は大丈夫か」という一抹の不安がよぎる。

うまかれど、弁当に投入されるだけの手羽を残し、そっと合掌をする私。


翌日の正午。
手羽という保険からか、なんら不安を感じず弁当の包みを開く。

そこには
昨日の黄金の手羽×3
シャウエッセン×3
串カツ×2

所狭しと二つ折りにされた鮭×1

役不足のブロッコリー×1枝がギチギチに詰められていた…。

ブロッコリー以外は全員FWといった面子だろうか。

しかも謎の銀紙を開けると「しそ昆布」…

控えもスターだぜ。


なんてこった。

バランスが悪すぎる。

このメンバーに対しては通常の二倍は白米を欲しいところだ。

串カツは明日でよくね?

しかし食わねば。

居並ぶ一軍選手を相手に白米をつまみ、合間を見て控えも出す。

手羽が言う。
「監督、僕はまだやれます!」

かき込む。
喉が渇く。

察しの通りご飯が先に底をつく。

ご飯のないシャウエッセンがこんなにも塩辛いものか。

私は骨と銀紙のみになった弁当箱をバッグにしまい、「お〜い、お茶」と心で叫び、自販機へと走った。


ペース配分の悪さはここからが真骨頂なのだ。
このようにオカズが肉祭の時は要注意である。

翌日からはだいたい二軍のオンパレードが2日は続くのだ。

我が家ではこれを「中2日」と呼ぶ。

中2日である本日のメンバーは

ちくわ
丸天
エリンギ

そしてオカズエリアの半分をリンゴが埋めつくしていた。


串カツよ、お前の出るべく試合は今日だ!

しそ昆布よ、今日ならお前はスタメンだ!


察しの通り、ご飯が余る。


dj


師走はずっと外しっぱなしだったCDJを昨日ようやく繋ぎました。

年末年始、回す機会は多けれど、貸してたし、そん時のフィーリングに任せて回したかったのもあったしで。。。

しかし、djは面白い。
実に面白い。

最近、PROG-HOUSEやPROG-TRANCE、MINIMALからHARD-TECHNO、等々シチュエーションに合わせて色々回してますが、HARD-TECHNOはミックスしがいがあるというか、ミックスに動きが出せて気持ちいいっす。

混ぜたい時に混ぜれるしね。


はあ。。。

イベントやりたいなあ。。。


ユニコーン or DIE


ユニコーン復活ですか。

ぼくは民生よりユニコーン聴いてましたね。
かなりヘビーに聴いてました。

好きな曲は
ハヴァナイスデー
自転車泥棒
車も電話もないけれど
素浪人ファウスト
与える男
黒い炎

あたりでしょうか。

ユニコーンは凄く好きでしたね。
なぜ民生は聴かなかったかというと、嫌いな訳でわなく、ユニコーンと比べて物足りなさがどうしてもあって。

なんつか、あの5人(後に4人)のグルーヴとでも言いましょうか、全員が詞を書くし、曲も書いてましたね。
それぞれの個性の組み合わせが面白かったり。

まあ、それはユニコーンだけに限りませんが。

ライブもおバカで好きでした。
ビデオは全部見ました。

復活全国ツアー、福岡は4月5日とな。

誰か行きませんか…?